Calligraphy

久しぶりのカリグラフィー。

上達せずとも 時々(ほんとに時々。。笑) ペンとインクを出してきますが
今まで学生時代からの書道の筆を持った回数から思えば
恥ずかしい限りでして・・・・。

e0028471_16383867.jpg

でもでも、カリグラフィーを始めた時 実感したのでした。

何でも 私にとって
決して、近道はないのだ、と。

急に、突然 上手に描けるはずないですものね~。
(才能のあるかたは、勿論別ですよ。私は完全なる凡人ですので。笑)

最初しばらく、力を入れすぎて、紙を破ってしまいそうになるくらい、でしたり
完全に、すみません。“凡人”の域をもマイナス方向に超えていました・・・笑

みなさんのスタート地点に並ぶのにも、少し時間がかかったと思います。
向いていないのかな、とも一時 思ったのですが

はっ!

と、書道 いえ、習字ですね。
小学生の頃、友人と通い始めた時を思い出しました。

最初は字は書かないで、ドラえもんや絵描き歌のような絵ばかり描いていました。
今思えば、まずは筆に慣れるように、ということだったのですね。

そして、それから段々、線を描くようになって
ハライ や トメ や ハネを少しずつ書き始めて。
字になったのは、相当後から。
なので、習字は好きでした。遊びのひとつだったから。
今でも、好きですね。


そう、これだけ時間がかかっているのです。
だから、カリグラフィーも西洋書道というくらいですから、私が
そんなすぐに描けるはずがないのですよ。

と思ったらと~っても気楽になってしまって・・・・・笑。


いつも思います。小さい頃から、いろいろとさせてもらった習いもの
ありがたいなぁと思って。みんな今でも大好きです。

よい師に出会え、そしていい仲間達に出会え・・・。
だから、近道はないけれど、楽しく、ひとつひとつ積んで
楽しんでいけるのですよね。

下手の横好きではありますが、これからも大切にしてゆきたいと思います。


                                         Rosemay
[PR]
by rosemay_hiroe | 2010-09-25 16:30 | calligraphy