Christmas Market at Bath

まさかイギリスに住むことになるとは思わなかった頃
いいなぁと思って、とりあえず読みもせず(!)切り抜いておいた記事があって
イギリスのものをまとめて整理しようと引っ張り出したら・・・

Christmas特集なるもの発見!
寒いながらに温かさの伝わってくる数枚の写真
その中にクリスマスマーケットの記事がありました。

へぇ~、きれいだなぁ、どこだろ?
なんて見ていたら、なんと数か月前にBristolから帰る途中の列車で
停車した駅のひとつ、且つ 世界遺産になっている市街
Bathの語源ともいわれるところで一度行かねばと思っていたところでした。

週末にでも行くかな~と呑気に構えて調べていたところ
その週末が最終とわかり、お天気や家人の都合で週末はあてにならない!と
その夜中に行くことを自分ながらに決め
翌日昼過ぎのナショナルレールに乗り込んでいました。。。。

↑ 当方、ほ~んといつも予定がギリギリに決まる。。。。

勿論、Easeと共に。
ロンドン中心部のPaddingtonの駅から1時間半弱の車窓の旅~♪

車両にもファーストクラスなるものがあるので、間違えて乗らないようにしながら、、、
でも、普通席でもかなりのリラックス感有り!
おにぎりとお茶を持って(笑)

Bathの駅に着くと、駅改札を出るまでに “クリスマスマーケットこちら” の
案内がところ何処に貼ってあるので、出るまでに 来たぞ~!と
気分があがります。

e0028471_07000843.jpg

しかし駅改札を出ると、目の前には大きなクリスマスツリーがあるものの
マーケットどこどこ? 

もともと観光地なので、至る方向へたくさんの人が歩いています。
人に付いて行ってもダメそうだし(笑)
地図自体は頭に入れていたのですが、いざ この雰囲気に興奮してしまって
どこへ行っていいやら。。。自分で笑ってしまいました。

そうでした。Bath寺院の周辺が会場でした。
駅から5,6分歩いたところから楽しい世界が拡がります。

e0028471_00112063.jpg

シャレーと呼ばれる小屋風の小さなお店たちがずら~とその寺院を囲み
またその寺院へつながる小道も両サイド シャレーで埋め尽くされています。

この土地の作家さんたちが作ったものが、多数あるとか。
クリスマスに関連したガラス細工、木工細工、羊毛細工や製品、リースなど
どれも欲しくなってしまう。
またこの地の食品だったり飲料だったりも多数出ていました。

気に入ったシャレーもいくつか。
e0028471_00390974.jpg


e0028471_00392329.jpg

屋根の装飾が全てドライの実物で。素敵でしたよ。いい香りがしました。


e0028471_00394359.jpg

シャレー自体もお店の方々がデコレーションして、賞を競うようです。


これがBath寺院。この前でストリートミュージシャンがバイオリンを奏でていました。
素敵な音色に、みんなが聞き惚れ、拍手喝采!

e0028471_00521211.jpg


陽も暮れて寒さも増してくるのですが、やはりクリスマスマーケットは夜もさながら。

2枚目の写真の夜バージョン(逆サイドから撮っています)


e0028471_00400204.jpg


e0028471_00515683.jpg


作家さんたちと気軽にコンタクトできますし、来年もまた来たいと思いました。

今回は日帰りで、時間が足りませんでしたが、遺跡であるRoman Bathの見学や
やはり街自体が世界遺産になっているだけあって、見どころはたくさん。
クリスマスでない時期にも何度か訪れてみなければ。
今度はもう少し下調べをしてから(笑) 出かけることにします。

Rosemay


[PR]
by rosemay_hiroe | 2016-12-21 01:18 | event | Comments(0)