Epsom Derby

また恥ずかしながら、小さな小さな夢の話

一昨日の 6月3日の土曜日 エプソムダービー でした。

e0028471_08412733.jpg


昔話になりますが
若かりしOL時代、乗馬学校に通っていたことがあって
お給料を、自宅(実家)に入れる分と
乗馬とお花の習い事で全て使い切っていた時がありました。

馬が好きで、馬が好きで。
泥だらけになりながら、ニンジンを持って
よくレッスン前にこれから乗る馬のところへ賄賂109.pngとして
献上したりして。

ここだけで留まればいいのですが、私の悪い癖
興味もあり何でも経験してみたいというポリシーもあり(笑)
また武 豊騎手や、オグリキャップなどが流行った時代のすぐ後
くらいでもあったので(年齢がばれますね。。。)
競馬場にまでも足を運び、賭けごとではなくて
美しい自分好みの馬を探したりしていたこともありました。

その熱はなかなか冷めずに、大好きな馬が引退したあとも
北海道まで訪ねに行ったりしたほどだったのです。

その時に、有名な世界各国の競馬場のコースにも興味を持って
フランスだったら ブランド名にもなっている
世界一美しいと言われている ロンシャン競馬場とか・・・

いろいろ調べてみたり、ちょうどその時に
会社でお世話になった仙人のような暮らしをしている方(その時
元 競争馬を飼っていらした!)から
イギリスの小説家 ディック・フランシスの馬が関係した推理小説を
頂き、シリーズを読みふけったりしたものでした。
(あまり推理小説は読まないほうだったのですが、かなり面白いシリーズ
でしたよ!)

その中にもエプソム競馬場というのが都度出てきて
ちょっとした憧れというか、ダービーの発祥の地でもあるので
聖地のような、ずっとそんなイメージを持っていました。

こちらに来た時に、”マイ フェア レディ”にも出てくる
アスコットには絶対に行きたいなぁ~
と思っていたのですが、こちらのかたに
アスコットもいいけど、エプソムダービーも行ってみたらいいよ
とアドバイス頂き、急遽 予定を入れることにして。

もうほんと、楽しいお祭り!イベントでした。
スタンド観客席とその周辺以外は無料で
内馬場にも外馬場にも、レジャーシートや折りたたみ椅子を持って来たり
レースにはあまり関係なく(笑)、犬連れで太陽を浴びてハイキングしていたり
シャンパン片手にお弁当を食べていたりして。
馬が自分の前を通るときだけ応援したり・・・

e0028471_08424848.jpg
外馬場の小高い丘から


e0028471_08472693.jpg
外馬場からレースを拝見っ! 結構近いのです!!



内馬場では、レース時間以外にステージでバンドが大音量で
音楽を流し、おしゃれした若者が踊れる場所や
マーケットのような店舗が並んでいる所
遊園地のように絶叫マシーンの乗り物もいくつかあり
子供も楽しめるようになっています。

とにかく広くて、大きなコースで、外馬場も丘あり平地あり
そして とっても芝がきれいで。

勿論、メインのダービーはみんな真剣っ!!
結果 予想されていた馬は入らず、40倍率くらいの御馬さんが優勝しました。


びっくりしたのは
観客の外馬場、内馬場移動のために歩道として、コースの数か所を
レースの時間以外の時に解放していたこと。
1枚目の写真は、そのコース上から最後の直線を撮ったものです。
コースを歩けるなんて! と感動してしまった私でした。

日本の競馬場のイメージとはまた違うので
アスコットほどではないようですが、お席によっては
男性はモーニングにシルクハット、女性もお洋服にある程度の規定があり
そのお洋服着用でないと入れません。

この日は、私はお見かけできませんでしたが
エリザベス女王様もおみえになっています。
こちらに来る道すがら、そして帰り道、お迎えお見送りの人たちを
たくさん沿道で見かけました。

念願のアスコットも今月末に。
帽子着用でおしゃれして?! 臨みたいと思います。

Rosemay




[PR]
by rosemay_hiroe | 2017-06-05 09:24 | event | Comments(0)